Restek
ホーム / ガスクロマトグラフィー / GCカラム / フューズドシリカカラム / Rxi-1301Sil MS GC Capillary Column, 60 m, 0.25 mm ID, 0.25 um
Restek
Rxi-1301Sil MS GC Capillary Column, 60 m, 0.25 mm ID, 0.25 um
Rxi-1301Sil MS GC Capillary Column, 60 m, 0.25 mm ID, 0.25 um
  1. Rxi-1301Sil MS GC Capillary Column, 60 m, 0.25 mm ID, 0.25 um
  2. Rxi-1301Sil MS GC Capillary Column, 60 m, 0.25 mm ID, 0.25 um

Rxi-1301Sil MS GC Capillary Column, 60 m, 0.25 mm ID, 0.25 um

カタログ番号 16096
Rxi-1301Sil MS GC Capillary Column, 60 m, 0.25 mm ID, 0.25 um

Rxi-1301Sil MS GC Capillary Column, 60 m, 0.25 mm ID, 0.25 um

概要

特徴&利点
  • 業界最高の熱安定性により、信頼性の高い正確なMS結果と稼働時間の向上を実現します。
  • 安定化したシアノ相の選択性により、既存メソッドの性能を向上させます。テルペン、グリコールエーテル、フーゼルアルコール、その他の極性化合物に最適です。
  • 厳密なQCテストにより、複数の化合物クラスに対する不活性と正確で信頼性の高いデータを保証します。
  • 使用温度範囲: -60 ~ 320 °C
製品詳細

シアノ系1301カラムは、一般的なGCカラムで、様々な揮発性の溶媒の分析に適しています。シアノ系固定相は5系カラムよりも極性化合物の保持力が高いですが、シアノ系固定相はブリードが多く、堅牢性に乏しいため、実用性が限定されます。 RestekのRxi-1301Sil MSカラムはシルアリーレン系シアノ固定相で、低揮発性化合物の分析に必要なカラム選択性をもたらすだけでなく、カラムブリードを大幅に低減し、堅牢性を向上させることが可能です。

非シルアリーレン系シアノ固定相の特徴である低い最高使用温度は、従来の1301カラムを揮発性化合物分析に使用する際の欠点としてよく知られています。ブリードが多く、最高温度が低いため、多くの1301カラムはMS分析に適していません。これに対し、堅牢なRxi-1301Sil MSカラムは、業界で最も高い最高温度と低いブリードを実現し、MSアプリケーションに非常に適しており、より信頼性が高く正確なMS結果を得ることができます。極めて高い熱安定性により堅牢なカラム性能を実現し、より積極的な昇温を可能にすることで分析間の高分子化合物のキャリーオーバーを排除します(アップタイムの増加)。

Rxi-1301Sil MSカラムは、真の1301選択性と業界最高水準の低ブリードと最高使用温度に加え、高い不活性度を実現するよう設計されています。各Rxi-1301Sil MSカラムは、酸性および塩基性プローブを含むQCミックスでテストされ、複数の化合物クラスにわたる不活性を保証します。カラムの不活性度が高ければ高いほど、ピーク形状やレスポンスが向上し、より正確な定量結果を得ることができます。

Rxi-1301Sil MSカラムは、さまざまな極性および揮発性の複数の化合物クラスの分析に理想的です。シアノ基による選択性と高い熱安定性により、堅牢なMS分析に最適な1301系カラムです。

仕様

製品仕様
カタログ番号
16096
製品名
Rxi-1301Sil MS GC Capillary Column, 60 m, 0.25 mm ID, 0.25 um