Restek
ホーム / ガスクロマトグラフィー / GCカラム / GC PLOTカラム / Rt-Alumina BOND/CFC PLOT Column, 30 m, 0.53 mm ID, 10 um
Restek
Rt-Alumina BOND/CFC PLOT Column, 30 m, 0.53 mm ID, 10 um
  1. Rt-Alumina BOND/CFC PLOT Column, 30 m, 0.53 mm ID, 10 um

Rt-Alumina BOND/CFC PLOT Column, 30 m, 0.53 mm ID, 10 um

カタログ番号 19763
Rt-Alumina BOND/CFC PLOT Column, 30 m, 0.53 mm ID, 10 um

Rt-Alumina BOND/CFC PLOT Column, 30 m, 0.53 mm ID, 10 um

概要

特徴&利点
  • クロロフルオロカーボン(CFC)に対する不活性度の改善。
  • 高い選択性を有するアルミナベースのカラムはほとんどのCFCを分離します。
  • CFCに対し強い保持力と高い負荷容量を有します。
  • 温度範囲: -60 ~ 200 °C
GCカラムの相互参照表 もご利用ください。
製品詳細
RestekのRt-Alumina BONDカラムはC1~C5の炭化水素に対して優れた選択性を有し、室温よりも高い温度で全ての飽和および不飽和炭化水素異性体を分離します。KClやNa2SO4のよう無機塩による不活性化により、酸化アルミニウム固定相の反応性が最小限に抑えられるため、ジエンのような極性の不飽和炭化水素に対するカラムの応答は改善されます。カラムのこの感度(または

応答)により、極性の不飽和炭化水素の直線性と定量的クロマトグラフィー分析が確実なものとなります。

強い結合により、粒子の発生や流出は最小限に抑えられており、注入や検出器へのリスクを最小限にしたバルブ切替が可能となります。また、少なくとも200℃まで安定しているので、水が吸着した場合にも最高使用温度でコンディショニングすることで完全な効率と選択性を回復できます。試料負荷容量が大きいため極めて対称的なピークを得ることができ、これらのカラムはパーセントレベルでの揮発性炭化水素の分離やppmレベルの不純物分析に理想的です。

RestekのRt-Alumina BOND PLOTカラムはフューズドシリカだけでなく、金属キャピラリーのMXTチューブタイプもあります。再現性のある保持時間と予測可能な流量挙動をカラム間で確実なものとするため、それぞれのRt-Alumina BONDカラムは広範囲に試験されています。炭化水素テストミックスは適切な保持と選択性を確認するために使用されます。相保持の尺度であるk(リテンションファクターもしくはキャパシティファクター)の計算には、1,3-ブタジエンが使用されており、選択性は、プロパジエンおよびメチルアセチレンの保持指数を使用して測定します。トランス-2-ブテンおよび1-ブテンの分離度も検証され、効率の測定には、1,3-ブタジエンを用いて1メートル当たりの段数を確認します。

PLOTカラムの巻き直しはお勧めしません。巻き直すとチューブの内壁面から粒子が外れる可能性があります。

Alumina BOND/CFCの吸着剤は、揮発性ハロゲン化合物、特にフロン製品のようなCFC(クロロフルオロカーボン)の保持に理想的です。この吸着剤は高い選択性を有し、周囲の温度よりも高い温度でさまざまなCFC異性体の分離を可能にします。Rt-Alumina BOND/CFCカラムは、アルミナの活性を低下させるために徹底的に不活性化処理されています。一部の一置換もしくは二置換CFCに対してはいくらかの活性が残ってはいますが、これらの化合物の大部分は主流プロセスもしくは不純物分析において精確に定量することができます。

仕様

製品仕様
カタログ番号
19763
製品名
Rt-Alumina BOND/CFC PLOT Column, 30 m, 0.53 mm ID, 10 um